農業の発展及び農村の振興を図ることを目的として,様々な事業を行っています。大日本農会は2011年には創立130年を迎えました

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

公益社団法人 大日本農会

お電話でのお問い合わせ 03-3584-6739(代)

東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル7階

本文のエリアです。

お知らせ ← クリックで一覧表示

2019年度第1回農業懇話会のご案内/2019年5月8日(水)/「むらおさめ」の必要性を問う~人口減少社会における最末端集落への向き合い方~/国立大学法人島根大学 教育学部 教授/作野 広和氏 

  日本全体が人口減少社会に突入する中で、末端の小規模・高齢集落の中には、無住化
が危惧される集落も存在しています。これまで、集落の限界化についてはその実態が報告
されてきましたが、限界化した集落が、最終的にどのような結末を迎えるのかについてはほ
とんど明らかにされていません。どうしても存続が維持できない集落については、住民の尊
厳ある暮らしを最後まで守り、集落を看取る必要があるとの考えもあります。このような「む
らおさめ」の必要性に関する議論は、これまで十分に行われてきませんでした。
 そこで、この分野にご造詣の深い島根大学教育学部の作野広和教授をお招きして、この
ような地域の実態を紹介頂くとともに、耕作放棄地対策や鳥獣害対策にも焦点を当てて今
後必要となる農村政策への提案などについてお話を伺います。
 多くの皆様の参加をお待ちしております。

1 演 題  「むらおさめ」の必要性を問う
         ~人口減少社会における最末端集落への向き合い方~

2 講 師  国立大学法人島根大学 教育学部

             作野 広和(さくの ひろかず)教授 

3 日 時  2019年5月8日(水) 午後2時~4時

4 場 所  三会堂ビル2階 A会議室(入場無料)
         (東京都港区赤坂1丁目9番13号 米国大使館前)
        地下鉄銀座線・南北線溜池山王駅下車9番出口 徒歩4分 

5 主 催  公益社団法人大日本農会、一般財団法人農林水産奨励会

2019年度第1回農業懇話会 

参加申込先 公益社団法人大日本農会
         TEL 03-3584-6739
         FAX03-3584-0573
                  E-mail:
noukai@dainihon-noukai.jp 

 

 

 

 

ページトップへ戻る