農業の発展及び農村の振興を図ることを目的として,様々な事業を行っています。大日本農会は2011年には創立130年を迎えました

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

公益社団法人 大日本農会

お電話でのお問い合わせ 03-3584-6739(代)

東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル7階

本文のエリアです。

お知らせ ← クリックで一覧表示

令和元年度第3回農業懇話会のご案内/令和元年7月18日(木)/HACCPの制度化と原材料管理について/ハウス食品グループ本社株式会社品質保証統括部品質保証推進一課長/宮本 浩行 氏

 HACCPとは、原材料の受入から最終製品までの全行程で、微生物汚染、金属混入
などの危害要因を分析し、危害防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記
録する工程管理システムです。これ自体は、事業者の生産工程管理のためのもので
すが、その前提として、安全な原材料の確保、施設管理、従業員の衛生管理など一
般衛生管理が重要となります。
 平成30年6月13日に公布された食品衛生法一部改正には、原則として、全ての
食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが盛り込まれています。
そこで、厚生労働省は、中小零細事業者でも使えるよう、実行可能性を重視して、H
ACCPの考え方を取り入れたわかりやすい衛生管理の手引き書を作成しました。
 大日本農会では、この手引き書作成の支援に携われたハウス食品グループ本社
の宮本浩行氏をお招きし、食品製造事業者が原材料を供給する生産者に求めるこ
となどに焦点を当てお話をお伺いします。
 多くの皆様の参加をお待ちしています。

1.演 題 HACCPの制度化と原材料管理について

2.講 師 ハウス食品グループ本社株式会社
       品質保証統括部品質保証推進一課長
           宮本 浩行 (みやもと ひろゆき) 氏

3.日 時 令和元年7月18日(木) 午後2時~4時

4.場 所 三会堂ビル2階 A 会議室(入場無料)
       (東京都港区赤坂1丁目9番13号米国大使館前)
       地下鉄銀座線・南北線溜池山王駅下車9番出口 徒歩4分

5.主 催 公益社団法人大日本農会、一般財団法人農林水産奨励会

令和元年度第3回農業懇話会

参加申込先 公益社団法人大日本農会
         TEL 03-3584-6739
         FAX 03-3584-0573
         E-mail:noukai@dainihon-noukai.jp

 

 

   

 

ページトップへ戻る