農業の発展及び農村の振興を図ることを目的として,様々な事業を行っています。大日本農会は2021年に創立140年を迎えました

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

公益社団法人 大日本農会

お電話でのお問い合わせ 03-3584-6739(代)

東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル7階

本文のエリアです。

お知らせ ← クリックで一覧表示

令和3年度春期中央農事講演会のご案内
    令和3年5月11日(火)
国際連合食糧農業機関(FAO) 駐日連絡事務所長
    日比 絵里子 氏   

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」は、SDGsとしてわが国の公的機関や民間団体でも取組の必要性が広く認識されるようになっています。SDGsには、17の目標の下、2030年までに達成すべき169の基準が設けられています。農業や食料分野でも多くの目標が設定されています。特に、SDGsの第二目標である飢餓の撲滅を達成するには、実に多くの課題が残されています。

そこで、昨年9月にFAO駐日連絡事務所長として赴任された日比絵里子氏をお招きし、世界の食料安全保障の現状、FAOにおける取組と日本への期待についてご講演していただきます。

 

1      演           題      持続可能な食料システムに今なぜ注目? 

               ~SDGs実現に向けて~

2     講           師      国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長

                                          日比 絵里子 (ひび えりこ)氏
 

3      日           時    令和3年5月11日(火)午後2時~4時

4   場            所  三会堂ビル9階  石垣記念ホール(入場無料)

            東京都港区赤坂 1 丁目9番 13 号   米国大使館前)

            地下鉄銀座線・南北線溜池山王駅下車9番出口 徒歩4分

            *遠隔地からの講師の講演を会場で同時映写します。(定員100名)。

              オンライン方式でも併行して配信します。

         *新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、

          オンライン方式のみに変更する場合もあります.

                    * オンライン方式へ申し込まれた方には、  

           後ほど聴講方法案内と招待メールを発送します 

    【講師の紹介】                                                                                                       

         〇1987年 上智大学法学部卒

        〇1988年 英国レディング大学大学院国際関係修士課程修了

        〇1989年 米国ジョンズホプキンス大学 高等国際関係大学院(SAIS)

                 国際関係学修士課程修了    

        〇1995年 新聞社やジャーナリストの経験を経て国際連合人口基金(UNFPA)に入職

        〇2011年 国際連合食糧農業機関(FAO)シリア事務所長、大洋州事務所長などを

                 歴任

        〇2020年 FAO駐日連絡事務所長。世界の食料・農業システムをより効率的、

                                   包摂的かつ強靭で持続可能にするための国際機関である

                                   FAOと日本との連携強化をめざす。

 

        参加申込先

      公益社団法人          大日本農会

                      TEL 03-3584-6739

                      FAX 03-3584-0573

                           E-mail: noukai@dainihon-noukai.jp

                     

                      令和3年度春期中央農事講演会パンフレット

ページトップへ戻る