農業の発展及び農村の振興を図ることを目的として,様々な事業を行っています。大日本農会は2021年に創立140年を迎えました

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

公益社団法人 大日本農会

お電話でのお問い合わせ 03-3584-6739(代)

東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル7階

本文のエリアです。

お知らせ ← クリックで一覧表示

        令和3年度第3回農業懇話会のご案内 
               令和3年10月29日(金)

        日本の農業生産力の要
       水田土壌をめぐる問題とその管理の方向性

     東北大学大学院 農学研究科 西田 瑞彦 教授

 

  「田」は我が国の耕地面積の過半を占め、食料生産の場として最重要です。その田は現在、水稲だけを栽培する場ではなく、大豆や麦をはじめとする畑作物との輪作の場として利用されています。圃場の大区画化や経営の大規模化が進められ、効率重視の農業が進められています。しかし近年、田の土壌において、田畑輪換の継続や土づくりの省略等から窒素供給力の低下をはじめとする地力の問題が顕在化しています。水田の地力は我が国の食料生産を支える重要な資源であり、その管理は中・長期的な農業生産性を左右します。
 
  そこで、水田土壌管理に関する研究に長年にわたり携わってきた東北大学大学院農学研究科の西田瑞彦教授をお招きし、水田土壌に生じている問題とその管理の方向性や課題等についてお話しいただきます。            
 
1 演    題  日本の農業生産力の要 水田土壌をめぐる問題とその管理の方向性
2 講    師  東北大学大学院農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター
                              西田 瑞彦(にしだ みずひこ)教授
3 日   時  令和3年10月29日(金)午後2時~4時
 開催場所   三会堂ビル9階  石垣記念ホール(入場無料)
          (東京都港区赤坂 1 丁目9番 13 号   米国大使館前) 
          地下鉄銀座線・南北線溜池山王駅下車9番出口 徒歩4分
          *オンライン方式でも併行して配信します。
          *会場での参加、オンライン参加とも先着各100名様までです
 主   催   公益社団法人 大日本農会,一般財団法人 農林水産奨
 
  講師の紹介 
   ○ 平成元年  東北大学大学院 農学研究科   博士課程前期課程修了
   ○ 平成元年  日商岩井(株)
   ○ 平成3年   農林水産省入省 九州農業試験場、東北農研センター等で勤務
                博士(農学)
   〇 平成30年    東北大学大学院農学研究科教授
                      
      【受賞】
      ○ 平成23年 日本土壌肥料学会技術賞:重窒素を用いた直接的手法による水田における有                                               機質資材の窒素動態に関する研究
      ○ 令和2年  日本作物学会論文賞:「有機栽培水稲における目標生育と生育診断に基づく追               
              肥の評価
 
             令和3年度第3回農業懇話会パンフレット
 

ページトップへ戻る